「自由ですけどなにか?」

~ WE DO WHAT WE LOVE ~ 新婚無職夫婦が、自由に気ままにハッピーに!自分たちらしい生き方を創っていく話

【NZワーホリ】ワーホリ生活スタート!最初にやるべき手続きはこちら

 f:id:ponkamo:20180110150904j:plain

 

こんばんは、ぽんかも(妻)です。NZでのワーホリが始まってもうすぐ1か月。(もう1か月?!)ワーホリを始めるにあたって、必要な手続きをまとめてみました。ワーホリ予定の方や、NZに着いたばかりの方の参考になれば幸いです。

 

 

 

なにはなくとも、携帯を手に入れよう!!!

 
まず一番に必要なのは携帯!可能なら、着いたその足で手に入れましょう。銀行口座開設にも、仕事探しにも、家探しにも携帯が必要になってきます。NZでは、Vodafone ・2degress ・Spark の3つのキャリアが一般的。2年未満の滞在の場合、プリペイドプランがオススメです。
 

わたしたちは、最初に見つけた2degreesで契約しました。一番人気、$19のプリペイドプランで1GBのデータ付き。2degrees間の電話・テキストは無料、繰越ありの便利なプランです。かさご(夫)は日本で携帯を持っていなかったので、機種本体も新しく買いました。スマホじゃないタイプで$69。
 

契約は簡単、SIMカードを買うだけ!店員さんが、有効化までしてくれたのでラクチンでした♪後は自分でPIN(暗証番号)を決めて登録するだけ。それも電話1本で出来るのであっという間でした。
 
 

NZ携帯電話情報 | ニュージーランド留学センター

 こちらもご参考まで↑

わかりやすく、かつ詳しくまとめてくださっています。
 
 

滞在証明書も忘れずに!最初の滞在はホテルかバックパッカー

 
携帯を手に入れたら、次は滞在証明書を手に入れましょう。Proof of Addressと言い、この後の手続き全てに必要になります。(ホームステイ先や寮など、滞在先が既に決まっている方は、そちらで出してもらう事になると思います)
 
NZに着いて最初の数日間の滞在は、ホテルやバックパッカーなど、法人として宿泊施設を営業している施設に泊まるのがおすすめです。そこで、滞在証明書を作成してもらいましょう。(施設のロゴ入りの用紙で作成してもらうのがベスト。銀行の人に言われました)
 
民泊(Air BnB や B&Bなど)や友人の家、などでは一筆書いてもらったとしても、書類としての正当性が認められない場合があります💦わたしたちはB&Bに泊まっていたので、「それだとちょっと・・・」と銀行の人に渋られました。B&Bのオーナーが銀行員の方でなんとかしてくれましたが、焦りました(・・;)
 
 
 

銀行口座開設!これが出来たらワーホリ生活本格スタート♪

 

銀行もいくつかありますが、わたしたちはANZで開設しました。どこの街にも支店がありそうだった事と、ワーホリでも開設しやすそうだった事が決めてになりました。(他の銀行だとワーホリ目的だと断られる事もあるそうです)口座開設には予約が必要な支店もあります。わたしたちも予約しました!

 

口座開設の際に必要な書類は 

  • パスポート、ワーホリビザの証明書
  • 携帯番号(ネットバンキングの有効化にも必要です)
  • 滞在証明書(Proof of Address)
  • 日本のマイナンバー(IRDナンバー申請にも必要)
  • 開設した口座に入れる現金(ANZはなくても大丈夫でした)

 

開設する口座はANZの場合、2種類

  •  GOアカウント(Cheque)
  • Onlineアカウント(Saving)

GOアカウントはEFTPOS(エフトポス)と連動した口座になっています。EFTPOSは、デビットカードのようなシステム。口座に入っている分だけ買い物したり出来ます。NZはあまり現金社会ではなく、EFTPOS利用が多いようです。

 

口座を開設したら、GOアカウントにお金を入れておくのがおすすめ。そして、その場でATMでお金を引き出してみましょう!万が一カード不良があってもすぐ確認してもらえます。

 

現地銀行口座開設 | ニュージーランド留学センター

 

NZで働くなら絶対に必要!IRDナンバーを申請しよう

 
IRDナンバーは、NZにおける納税者番号のこと。NZで働くには、国籍関係なくIRDナンバーの取得が必要です。郵便局でも申請は可能ですが、郵送になるため時間がかかります。今回わたしたちはオンラインで申請しました。(NZ Immigrationから届いたメールにあったリンクから申請、またはIRDのサイトからでも申請可能です)
 
必要書類は
  • パスポート番号
  • ビザ番号
  • 口座情報(GOアカウント、ANZのサイトからPDFをダウンロードし添付):提出する口座が有効かの証明が必要→入金出金を1回以上しておきましょう
  • (Proof of Address)ANZの口座情報に含まれていました
  • 日本のマイナンバー:口座開設時と同じく、必須です。マイナンバーカードをコピーするかメモして持っていきましょう(原本はなくてもOK)

オンラインからの申請は思ったよりも簡単でした。何より、2日後にメールでIRDナンバーが届きました・・・早い!!!郵便局より、オンラインでの申請をオススメします!

 

 

こうすれば無駄がない?おすすめの手続きの順番

 
到着してから数日は少しバタバタすると思います。手続きも色々ありますし。なるべく慌てないように、無駄のない手続きの順番を考えてみました
 
①携帯を契約、滞在証明書を宿泊先に依頼→受け取り、銀行に口座開設の予約
②銀行口座開設
③IRDナンバーの申請
④在留届け
 
①~③は、頑張れば1日でも出来るかもしれませんが・・・大変だと思います(笑)わたしたちはかさご(夫)の免許翻訳の手続きもあった事と、到着してすぐ土日を挟んだ事もあり、余裕を持って5日間を手続きのために充て、オークランドに滞在していました。実質は3営業日かかったのかな。
④はお家(長期滞在する住所)が決まってからオンラインで提出します。引っ越したらその都度更新してくださいね。
 
また、銀行・IRDとも登録住所が変更になったらオンラインでの変更が必要です。忘れがちなので気を付けないとですね!(わたしたちも変更しなきゃ・・・)

 

慣れない手続きは大変な事もありますが、これも貴重なワーホリ体験!1つ1つしっかり確認しながらであればきっと大丈夫。どこでも暮らしていける!と自信もつくと思いますよ^^楽しみながらトライしてみましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました! 

 

こちらもあわせてどうぞ↓

travellingplatypus.hatenablog.com

 

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村