「自由ですけどなにか?」

~ WE DO WHAT WE LOVE ~ 新婚無職夫婦が、自由に気ままにハッピーに!自分たちらしい生き方を創っていく話



☆2人が歩んできた世界中の旅路を、旅行記事サイト”たびねす”にて掲載中☆ (ぜひシェアしてねニコニコ

   20161124225755ぽんかも(妻)の記事  かさご(夫)の記事

☆1クリックで応援お願いします☆

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦海外旅行へ
にほんブログ村


つまるところ、幸福の分岐点は「自分に集中できているかどうか」だという話

こんにちは!かさご(夫)です

 

いつもたくさんの方にご覧いただきありがとうございます!久しぶりの更新となってしまいましたが、これからも無理して更新はせず、気が向いたときにすらーっと更新していきますね!(マイペース←)

 

さてさて、いま僕らはとある田舎の温泉街で遊び半分の仕事をしているのですが、いわゆる「THE・田舎」に来て、土地のルールにがんじがらめにされてきた、狭い価値観の人々にたくさん出会いました。どうしてこういう人たちはこうなったんだろう?つまるところ幸せってなんだろう?などなど考えていたのですが、この間、温泉でボケーっとしているときにピンと来たので、今日はそのお話。

 

 

自分のやりたいことをやりたいように

 

これは今まで僕らのブログでもずっと言っているし、いま世の中のいろんな人が口にしていることですが、とにかくやりたいことをやっているかが重要。自分のやりたくないことを「続けなければいけない」人生が幸か不幸か、答えは見えていますよね。ちなみに前にもお話しましたが、年をとってくると顔にもろに表れてきます。

 

中国富裕層の結婚式に参列してわかった「お金と自由」

 

知識人から芸能界まで、いろんな人がやりたいことをやろうと口にし、まさに過渡期だなぁなんて感じますが、1個だけ付け足すとしたら「やりたいことをやりたいように」だと思います。

 

もうこれだけ時代も流動的になって、インターネット一つで何でもできてしまう時代。今までのシステムとか考え方ではいろいろ通用しない時代になっています。いくらやりたいことをやろうとしても、そのやり方がガチガチの既成概念に捕われてしまったらもったいないですよね。いままでの社会の通念とか常識とかに捕らわれず、自分の正しいと思うやり方で自由にやったらいいんです。

 

必要なものがあるとしたら一歩踏み出す勇気ですかね。踏みだしたら早いですよー。何もかも決めるのは自分。自分に思いっきり集中していれば、多少の困難はあったとしてもストレスに苦しむことはないでしょう。

 

 

やりたいことを「我慢」すると自分に集中できない

 

一方、自分のやりたいことをやってない人は、自分に集中できなくなってきます。結果どうなるかと言うと、楽しいことは人の悪口や噂くらい。自由にやりたいことをやっている人たちに対しては嫉みしか持たないようになるんです。

 

「自分はこんなに我慢しているのにあの人たちは・・・」

「そんな自由な考え方は甘い」

 

これはそういう人たちの口癖ですが、結局のところ羨ましいというか嫉妬なんでしょう。自分たちだって今まで自由にやるチャンスが散々あったし、今からだって何も遅いことはないのに、ただやってこなかったしやろうとしない。ただひたすら何かに「我慢」し続けたから、そうじゃなく楽しそうにやっている人に嫉妬してしまう。

 

「甘い」と口にする人は、ただ自分がやってこなかった人で、やってこなかった人に甘いかどうかなんて語る資格はありません。そもそもですが、社会の枠とか長いものに巻かれ続けてきた人のほうがよっぽど甘くて、自分に集中できてませんよね。

 

 

高速バスで社会が分かる

 

 話はちょっと脱線しますが、日本に帰ってきてから何度か高速バスに乗る機会がありました。海外でもよく高速バスに乗っていたのでふと思い出してみたら、日本の高速バスは日本社会をよく象徴しているなぁと感じたのです。

 

どういうことかと言うと、みんなリクライニングをガッて倒して思いのままくつろげばいいのに、みんな「我慢」。後ろの人に声をかけたと思ってもチビチビ倒したり。声をかけずに後ろにバレない倒す人たちもいますよね。あたかもリクライニング倒すのが悪いことような扱いになっているんです。実際、倒しすぎだって文句を言うおばちゃんだって出てくるし。

 

ちなみに中南米は豪快でした。後ろの人に何も言わずにフルで倒してきます。一緒に倒すの手伝ってくれとか、後ろの人から前の人に倒しなって声をかけることもあるし、みんな100%くつろごうぜっていうスタンス。みんなでみんながくつろげるスペースを作り出すんです。

 

まあマナーから言えば、「後ろの人に一声おかけください」っていうのが正しい気がしますが。でもみんなで我慢しあっている日本と、みんな我慢なんかするなよっていう海外。こんなところにも映っているんだなってちょっとハッとしたのを思い出しました。

 

 

自分に集中できているか人は強い

 

ということで、自分に集中できているかどうかが大事だというお話でした。ちなみに自分に集中していない人は悪口を言うというお話をしましたが、自分に集中している人たちにとってこうした悪口は効果ゼロです。相手にしてくれません。

 

僕の子供のころのヒーローである、サッカーのカズ選手は、50歳を超えた今でも現役を続行して本当に素敵な顔だなって感じます。ある時そんなカズ選手に「引退勧告」をしてきたとある御意見番がいて、ニュースにもなりましたね。でもカズ選手はそれをも力にするという何枚も上手のコメント。この一連の流れも、まさに日本の縮図だなあって感じました。

 

 

自分に集中してまっしぐらな人生と、人の悪口ばっかり口にする嫉みの人生。あなたならどっちをとりますか?

 

f:id:ponkamo:20170215113932j:plain

おいお前さん、いつまで我慢してるんだい?