読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「自由ですけどなにか?」

~ WE DO WHAT WE LOVE ~ 新婚無職夫婦が、自由に気ままにハッピーに!自分たちらしい生き方を創っていく話

☆中南米・ヨーロッパ・アジアなど、世界中の旅行記事を”たびねす”にて掲載中☆ (ぜひシェアしてねニコニコ

   20161124225755ぽんかも(妻)の記事  かさご(夫)の記事

☆オフィシャルウェブサイト始めました☆

  20161124225404 Travelling Platypus:Japanese couple (and a little platypus) creating the life we love!

☆1クリックで応援お願いします☆

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦海外旅行へ
にほんブログ村

【注意】これからブラジル渡航予定の方へ

こんばんは! ぽんかも(妻)です!

 

 ブラジルに着いて約1ヶ月半、現在リオデジャネイロにいます。

オリンピックまで後2週間を切って、どことなーく浮き足立っているような感じ。

 

 

 

が!!!まだまだ準備が終わっていない模様・・・

そこかしこで絶賛工事中

 

メイン会場近くのバスターミナルでも、セントロの至る所でも、

ガガガガガーっと凄まじい音がしています。

 

これ、絶対間に合わないやつ!2014年の教訓が全く活かされてない(笑)

がんばれブラジル!w

 

セントロ近くの広場(予定?)もまだまだこんな感じw

f:id:ponkamo:20160727105015j:plain

 

さて、今日はちょっと真面目な話。 オリンピックに合わせて渡航予定の方が少なくないと思うので、注意した方がいいなぁと感じている事をシェアします。

 

 

まず初めに、ファベーラって知っていますか?

 

 

馴染みのある言葉でいうと、スラム街ですかね。ファベーラはブラジルのスラム街で、どの街にも大抵あります。平地のファベーラもありますが、多くは丘や山の斜面にへばりつくように広がっています。煉瓦が剥き出しで、窓がない家も多いです。夜、遠目から見ると窓から洩れるオレンジの灯りがなかなかに綺麗。

 

少し前に、日本の某深夜番組でファベーラ在住だという日本人”写真家”の方が特集 されていたので、ファベーラの認知度も多少上がったかもしれないですね。

 

その方(名前忘れたので、A さんとします)はファベーラに住んで10年?、危険なファベーラのイメージを変えたいとかなんとか話していたと思います。 「俺(Aさん) が10年ここに住んでる事が(危険じゃないって)証明になる」みたいな事を言ってた気が・・・。

 

正直に言います。ファベーラはファベーラです。 ギャング(バンジード)が住み、麻 薬取引が横行し、犯罪の温床になりやすく、銃撃戦だってしょっちゅう起こる、一般的にブラジル人でさえ怖い、危険だと言って避ける、ファベーラはそういう場所です。

 

もちろんファベーラにだって、心優しくてまっすぐ一生懸命に暮らしている人は沢山いると思います。 ただ残念ながら、強盗や引ったくり、麻 薬取引などの事件に関連しているのは、ファベーラに住むバンジード(ギャング)が多いんです。

 

先述のAさんは、ファベーラにある自宅の一部を日本人旅行者向けの宿として運営しているらしく、しきりに「来てくれれば分かる、実際に見ればそこまで危なくない事が分かる」って話していました。

 

確かに、そうなのかもしれない。最近では外国人旅行者向けのファベーラツアーなるものもあるらしいし。偉そうなこと言ってても、所詮わたしはファベーラに足を踏み入れた事、ないです。散々、経験が大事とか言ってるけども。

 

でも、色んな話を見聞きして思うのは、興味本位や話題作り、武勇伝の為に軽々しく入っていい場所ではないという事。 そもそも、ファベーラにはファベーラのルールがある。治外法権的な部分だってある。

 

そんなルールもわからない余所者、ましてどこのどいつかもわからないアジア人が来たらそりゃあ警戒されるでしょう。 各ファベーラにはボスに当たる人物がいて、余所者がその人物の許可を得ずにファベーラに入ると撃ち殺される、という話もあるくらい。ギャング間の抗争や、警察とギャング間の銃撃戦に巻き込まれて亡くなる一般市民も多いんです。

 

そんな場所だもの、誰かの手引きがあって入れたとしても絶対に安心なんてことはない。 経験が大事、自分の目で見てこそ旅だ!と思うわたしですが、ファベーラだけは別。ツアーでも足を踏み入れようとは思いません。

 

もちろん、それでもどうしてもファベーラを見てみたい!という強い気持ちがある方は自己責任でどうぞ。もしかしたら、ブラジル人でさえ知らないファベーラの一面を見られるかもしれません。

 

ただし。ファベーラはブラジル全土あちこちにありますが、その辺のファベーラに勝手に入る事だけはしないように!(明確な入口があるわけではないので、注意!!!煉瓦剥き出しの家がギュッと集まっている場所は大概ファベーラです。)

 

あくまでツアーに参加するか、ファベーラの内情を良く知る人物にコンタクトを取ってから、です。それでも、普通の観光地と違ってリスクが高いという事はお忘れなく。

 

 

あの番組だけだと、ファベーラに関して若干偏った印象を受けそうだなーと思ったので、色々思うことを書いてみました。

 

完っ全に主観ですが、Aさんは“(危ない危ないってみんなが怖がる)ファベーラに住んでる俺”に酔ってるよなぁって思ったんだよね。言葉悪いけど、イキッてるというか、中2病的というか・・・(爆) 

 

いや、別にファベーラに住んでるからかっこいいとかすごいとかねーし・・・まあよくよく読み返したら、わたしの記事も「ファベーラ危ないよー」って印象に偏ってますね

 

でも実際、わたしはファベーラ怖いです。雰囲気が全然違うもん。バスに乗っててファベーラの中とか近く通る時はちょっとソワソワします。

 

それから、ファベーラに限らず、今ブラジル全土で引ったくりや強盗が増えているようです。こちらのニュースでも毎日のように報道されています。かなり過激めな銀行強盗もあったり

 

リオのセントロの中心にある大通り、Av. Jetulio Vargas.(ジェトゥーリオ・バルガス通り)でも引ったくり頻発中らしく ・・・ オリンピック期間中は、観光客を狙った引ったくり(assalto アサウト、この単語覚えておくといいかも) も更に増えるだろうし、これからブラジル渡航予定の方は、十分注意してくださいね

 

悲しいかな、日本人含めアジア人は欧米人旅行者に比べて目立ってしまうので・・・

 

 

 

 

【注意点】

・カメラ、スマホの取り扱いに注意! スマホはお腹に貴重品ポケットを忍ばせてそこに仕舞っておくといいかも。写真を撮るときは何人もで同時に撮らない。1人は周りを確認して。1人旅の人はよーく周りを見てから!

 

・大金を持ち歩かない、少額を貴重品ポケットなど、身体のあちこちに分散させて!靴下の中とか、女性ならブラの中とか。(路上では出し入れしない)

 

・かばんは蓋が付いた肩掛け(斜め掛け)がベター。かばんは身体の前側に密着させて常に意識。

 

・地図を街中で開かない。確認したい場合は近くのお店に入りましょう。

 

・あんまり綺麗すぎる格好は避ける。ブランド物の鞄、時計は身に付けない。

 

・夜出掛けるのは極力避ける。夜間の移動はタクシーで。土日祝日にセントロに出掛けるのも避けた方が無難。ほとんどのお店が閉まっていて閑散としてます(ブラジル全土そんな感じ) 出掛けるなら、ちょっと郊外にあるショッピングモールや、ツアー参加がおすすめです!わたしたちは、なるべく移動日を土日に持ってくるようにしています

 

・あらかじめ訪れる街の治安情報を確認。危ないと言われるエリアには近付かない。 観光客が極端に少ない場所も避けた方がいいかも・・・。地元の人しかいない(しかも閑散としてた)ビーチでバンジードに襲われ、デジカメ奪われたわたしが言うので間違いないですよ

 

・万が一何か捕られそうになったり、襲われたら抵抗しない!もう諦めて渡しましょう・・・相手は何隠し持ってるかわからないので。だからこそ、大金は持ち歩かない方がいいです。

 

f:id:ponkamo:20160727110057j:plain

 

こんなに色々書くと、ブラジル怖いチーン!と思われる方もいるかもしれません。あくまでこれは万が一、です。万が一!でも、万が一の事態は避けられた方がいいですよね

 

日本とは全然違うブラジル。やりすぎ、気をつけすぎ、位の方が安心です。自分の身は自分で守らないと! でも、ブラジルは本当に奥深くて、あったかくて、魅力たっぷりの国です!そんなブラジルでの滞在を最大限に楽しむためにも上記の点、注意してみてください

 

かと言って、ビクビクしすぎても逆に目立つから難しいんですが(苦笑) 最後に役立つのは、きっと自分の直感!なんとなく嫌だなーなんとなく怖いなーって感覚を大事にしつつ、ブラジル滞在楽しんでくださいね!

 

きっと大好きな国の1つになりますよ~!