読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「自由ですけどなにか?」

~ WE DO WHAT WE LOVE ~ 新婚無職夫婦が、自由に気ままにハッピーに!自分たちらしい生き方を創っていく話

☆中南米・ヨーロッパ・アジアなど、世界中の旅行記事を”たびねす”にて掲載中☆ (ぜひシェアしてねニコニコ

   20161124225755ぽんかも(妻)の記事  かさご(夫)の記事

☆オフィシャルウェブサイト始めました☆

  20161124225404 Travelling Platypus:Japanese couple (and a little platypus) creating the life we love!

☆1クリックで応援お願いします☆

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦海外旅行へ
にほんブログ村

子供と動物は知っている!?大人の顔には書いてあるその人の「人生満足度」

こんにちは!かさご(夫)です

 

珍しく2日続けての登場です。と言っても、今日はちょっと路線を変えて。

今日4月1日はエイプリルフールなので、ちょっとしょうもない話を(でもちょっと深い話を)しようかなと思います

 

 

自由になってから子供と動物にやたらモテる話

 

見出しのとおりです。去年の4月にフリーになってから今日でちょうど1年が経つわけですが、何だか子供と動物によくモテるんです。

 

昔から子供も動物も好きだったのですが、基本的になぜか向こうから警戒され、理由もなく子供に泣かれたり犬に吠えられることも多々ありました。こっちはよしよししようと近づいただけなのに。

 

それがここ1年になって自由を手にした途端!子供はニコニコ近寄ってきてくれるし、動物もなつくなつく!特にちっちゃい子は友達感覚で手振ってくれたり、自然と寄ってきてくれるんです。

 

これは個人的にかなり驚異的な変化!でもなんでこのタイミングで・・・?ふと理由を考えてみたんです。

 

 

表情から感じ取れる気持ちに子供や動物はまっすぐだ

 

理由はもうただ一つ!顔の表情にすべて表れていたんだと思います。

 

去年までの僕はレールに乗っかっていただけで「我慢」を繰り返し続けていた人間。どんなに子供や動物に笑顔を振舞っても、顔のどこかに何かに対する不満のサインが表れていたんだと思います。

 

子供や動物はこういうのに本当に敏感!動物は野生本能があるから当然なのですが、子供もすごく敏感で、いわば「直感の天才」。すぐにそういう空気を感じ取るんだと思います。たぶんこういう感覚は誰しも持っていたんだけど、年をとって我慢を繰り返す中で、あっさりと忘れてしまうものです

 

 

顔に書いてあるその人の「人生満足度」

 

このブログでは何度かお話していますが、僕の持論にこんなものがあります。

 

「人間50くらいを過ぎると、人生の満足度が顔にくっきり表れると思うんです。心から満足した暮らしをしてきた人はすごく優しい幸せそうな顔をしているし、何か不満を持ち続けてきた人はすごくイライラしているような不幸そうな顔をしている。」

 

この50歳っていうのは僕の考えていたところなんだけど、おそらく子供からしたらそんなの関係ない。10歳だろうが何歳だろうが子供や動物は感じ取れるんだと思います。

 

だから20代の僕も子供や動物によく警戒されました。でも今は好きなことばっかり好きなようにやって全くストレスがないせいか、抵抗なく子供や動物に受け入れられるのだと思います。

 

 

子供は直感で動く天才

 

逆の立場から言えば、子供は直感の天才です。それは相手の様子を感じ取るのもそうだけど、自分の行動のどれもが直感!大人が偉そうに語る「セカンド・シンキング(第二思考)」なんてものは存在しないので、思ったとおりに動きます。

 

昔は誰しもそうだったはずです。閉鎖的な社会の中で「~べき」教育を受けてみんな忘れてしまうのでしょうが、でも今でも必ず皆の心の中に眠っているはず。

 

この感覚を生き返らせて、直感で生きていくことが実はとっても大事なんじゃないかな。いわば心の若返り!

 

あれこれと浮かんでくる二次的な要因は全部取っ払って、もう心から感じていることを行動しよう!

 

エイプリルフールの今日はそんなお話でした!

 

 

f:id:ponkamo:20170401215124j:plain

オーストラリア・タスマニアのビーチ。このあとこの岩場で約1時間もウミウシとにらめっこしましたとさ(2人足して55歳)

 

よくある人生の「勝ち組」「負け組」ってなんだ!?

こんにちは!かさご(夫)です

 

今日は3月31日。ついに今年度も終わりですね。

 

そして、個人的には脱サラ1周年!自由の身となってからの1年間はとにかくあっという間。たまに一年前の暮らしをふと思い出すと、よくあんな暮らしをしてたなあと思うと同時に、そのまま続けていたら・・・とちょっとゾッとしたりします。

 

さて、今日はそんな年度末に考えた人生の「勝ち組」「負け組」について!

 

 

最高の生き方ってなんだ!?

 

なぜこのタイミングでこんなことを考えたかと言うと、実は先日ある人の自己紹介を見たときにビビッと来たから。そのフレーズがこちら!

 

「今まで楽しそう、面白そう、好きそうってことは全部やってきました」

 

この人はお会いしたこともなければ、もちろん話したこともないので、言うなれば「赤の他人」です。でもこのプロフィールを見た瞬間、これだっ!ってビビッと来たのです。人生に勝ちも負けもあるのかすらよく分からないけど、これがたぶん最高の生き方だなって。

 

 

つまるところお金持ちが「勝ち組」なのか?

 

世間一般では、おそらく「勝ち組」とは高収入の社長さんとか企業で出世した人のことを指しますが、この基準はあくまでお金です。たとえば就職活動では、年収が高い企業であれば高いほど、「勝ち組」と信仰されていますね。

 

でも旅していろんな人に出会ったり、実際に自分でサラリーマンを経験してみて、こうした「勝ち組」への道は、「負け組」への最短ルートにもなり得ることがよく分かりました。なにせ、自分を削ったり消耗することが多すぎて、いわば給料は慰謝料。お金は持ってようが、たぶんそれ以上のものを失っています。家族との時間とか、もっと人間本来の豊かさを。

 

★関連記事はこちら★

中国富裕層の結婚式に参列してわかった「お金と自由」

 

そういえば先日、電通でもいろいろあってニュースになりましたね。就活生からは「就職のトップ」と称される電通で起きた悲惨な事件。確実にこうした社会は崩壊し始めています。

 

 

人生に勝ち負けがあるとしたら、やるかどうか!

 

じゃあ人生の勝ち負けってなんだろう・・・?そんなことを考えていた時にたまたま巡り合ったのが先ほどの方のプロフィールでした。

 

要するに、自分のやりたいことを後悔のないようにやった人が「勝ち」だと思います。人間誰しも「~したい」って感情が次々と沸いてくる生き物だけど、それとどれだけ向き合っていけるか、これが言うなれば「勝負の分けれ目」かなと。

 

もしやってみてダメだったら、ああしておけばよかったなと後悔するでしょう。でもその後悔は、何もやらずに「あの時ああしていればなあ」という後悔とは全く別物。前者の後悔はいわば清々しい後悔ですが、後者の後悔は一生脳裏につきまとう厄介ものです 

 

ついつい先のことを考えたり、お金とか世間の目とか、いろんな要因を考えてしまうのが大人の悪い癖だけど、それを取っ払って自分で考えてやりきる人は強い。そして人生を生きている。これに尽きると思います。

 

 

「勝ち」「負け」なんてあってないようなもの

 

さて、ここまで人生の「勝ち」と「負け」について書きましたが、ずっと「勝ち」と「負け」にカッコをつけてきました。これには意味があって、そもそも勝ち負けなんかあるのかって疑問と同時に、自分を生きている人に勝ち負けなんて感覚はないんじゃないかということを言いたかったのです。

 

たぶん「勝ち」「負け」とつけたくなるのは、自分を他人と比較している証拠。自分が自分を貫いていたら、それでいいじゃない。他の人と比べるなんてしないし、勝ち負けなんて考えすらしない。

 

とか言っている僕も、こう考えてしまっているのがまだまだ弱い証拠ですね(笑)。言い訳をすると、久しぶりに就活に悩む学生と触れ合ってついつい考えてしまいました。本当に企業に就職して出世するのが正しいのかなと。そういえば僕らは二人ともいわゆる「就職活動」はしませんでした。まあこの話はまた今度ゆっくりと

 

ということで人生思い切ってやりたいことをやっていこうという話でした!今やりたいことは、『中国四国2週間チャリの旅』!

 

分かっていることはスタート&ゴールと出発日&到着日だけ。そもそもチャリで大移動なんてやったことないし、泊まる場所もルートもかなり未定。でも旅好きにはたまらない企画!(企画者自分)

 

どうなることやら、想像もつかずにワクワクします笑。このブログでもレポートしますので、乞うご期待!

 

f:id:ponkamo:20170331181315j:plain

人生心の流れるままに(アマゾン川にて)

「日本ジプシー生活」はじめました

こんにちは!かさご(夫)です

 

ずいぶん久しぶりの投稿となってしまいました・・。相変わらず夫婦二人で自由な生活を送っているのですが、今日はタイトルのとおり「日本ジプシー生活」をはじめた話!

 

 

昔から憧れていた「ジプシー生活」とは!?

 

ジプシーとはご存知のとおり、定住地を持たず、移動しながら生活する流浪の民のことで、「ロマ」と呼ばれることもあります。

 

ヨーロッパなどの世界各地に拡がり、未だに差別的な偏見を持つ方も残念ながら多いようですが、独特の文化を持つことでも知られています。たまにヨーロッパを歩いていると聞こえてくるあの独特の音楽、とっても心が癒されますよね!昔から大好きな音楽です

 

さてさて、ちょうどいま僕らは日本各地を転々としています。1月の半ばにスタートし、予定としては今年の11月くらいまで、約10ヶ月の旅。

 

持ち物はそれぞれ小スーツケース1個とバックパック1個!荷物なんてこんだけあれば十分で、むしろいま多いくらいです。

 

かつて東京で借りていたアパートはとうの昔に引き払いました!よって考えようによってはホームレス!こうしてジプシー生活が始まりました

 

 

ジプシー生活のコンセプト

 

なんでこんな暮らしを選んだのか、よく聞かれます。30歳も近いし、新婚夫婦なのになんで?って(笑)。理由としては・・・

 

①田舎暮らしがしたい!

 →でもすぐに移住地決めるなんてムリ!(その土地を知るには最低2週間という旅で得た教訓)

 

 →今年中に気になっている5~8箇所くらいに住んでみて、最後夫婦でコンペをします。コンペで選ばれた都市が、見事移住地に決定!

 

②「旅しながら暮らす」という理想のライフスタイルを思いっきりやっちゃおう!

 →日本国内を2週間~2ヶ月単位で、徐々に移動しています

 

③日本をもっと知っておきたい!

 →海外に行って痛感した、日本に関する知識の無さ。住んでみてわかったけど、教科書には載ってない、住んでみなきゃ分からないことが多すぎる

 

④来年からまた海外行きたいから、ちょっくら貯金しよう!

 →たぶんワーホリ行く予定

 

そんな感じです。

 

たまに「安定を求めないの?」というカチカチな人に出会うのですが、「安定」という形ばっか求めて心を削っているよりは、自分のやりたいことを思い切ってやった方がはるかに良いと思ってます。

 

「安定」を求めていた僕という青年(当時23歳)を待ち受けていたのは、「安定」という形から入ってゲッソリ疲弊している日本社会でした。「仕事は苦しいもの」というあの精神。(このテーマはまた今度ゆっくり)

 

結局のところ、「財布の安定」より「心の安定」ですね。しかもこの暮らし、なんだかんだお金が減るどころか貯まるから一石二鳥(笑)

 

 

日本ジプシー暮らしのモデル

 

日本ジプシー生活を始めてみて約2ヵ月半が経ちました。率直な感想としてはめちゃくちゃ楽しい◎いっぱい土触ったり、やどかり1時間観察したり、なんかすっかり心は小学生の放課後に戻った気分(笑)

 

場所は、将来的に移住したいと思っている、関西・中四国エリアを転々としています。現在は2箇所目、とあるみかん農園。1箇所目は関西の田舎の温泉街でした。今までの経過と今後の展開としては・・・

 

①関西の田舎の温泉街 → 日本海側の冬の厳しさにDOWN

②暖かさを求めてみかん農園へ → 大当たり中(今ここ)

 《中国四国 ママチャリの旅(13日間)を企み中》

③移住地の大本命、岡山へ

 

その後はのーーーぷらーーーん!

 

今年はとりあえずこんな感じで暮らしていきます笑。具体的にどんな暮らしをしてるのか、また時折紹介していきますので、よかったらお付き合いください◎

 

合言葉は「This is LIFE !」

 

f:id:ponkamo:20170326180900j:plain

みかんがもう可愛くて可愛くて。